スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.09.01 Sunday
  • -
  • -
  • -

【湯道ツアー】:坪野集落 八角鉄窯風呂@越後妻有アートトリエンナーレ レポート

大変遅くなってしまいましたが、8月25日、26日に湯道チーム+αで、越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」坪野集落にて行われた湯道ツアーをレポートします。
近藤さんが編集長を務めるTOKYO SOURCEで色々とお手伝いをしている提橋と申します。


今回のツアーのきっかけは、以前から坪野の集落で古民家を改修して場をつくってきたアーティストの岩間賢さんが、今回、緑あふれる棚田で舞踏公演を手がけ、また、ご自身で五右衛門風呂を製作したとのことで、湯道チームに声がかかり実現したものです。


まずは、今回のトリエンナーレの目玉の1つである「キナーレ」の「里山現代美術館」へ。
ボルタンスキーの「No Man's Land」を鑑賞。震災のボランティアに行ったときに目にした光景を思い出しました。
2度目のキナーレですが、前回と全く違った場所のように感じたのが不思議です。




夕方、坪野集落に。山の道に並ぶ手書きの旗や看板を見て、ちょっと怖い感じでした・・・。日本史の教科書のイラストで見た農民一揆が起こりそうな雰囲気と言うかなんというか。


泊めていただく民家に到着。この坪野集落には、11戸数、22人の方が住んでいるそうです。豪雪時には、1階がすっぱり雪に埋もれてしまうとか・・・。




鬱蒼とした山を望む棚田にできた野外舞台にて、トンデ空静さんの「谷蟇」 トランペット、フルート、ベース、ドラムをはじめ様々な楽器の生演奏。この舞台だけでなく、周りの小山に登り、田んぼの泥にまみれ、動き回る役者さんの姿は圧巻でした。




舞踏の後は、地元の松之山温泉に行き、真っ暗闇の中でBBQ、道の真ん中で寝そべって満天の星空を観ながら人生について語り合うメンバー、民家では仲良く雑魚寝・・・。








翌朝は早速、鉄窯風呂の準備です。鉄窯の掃除やお風呂に入れる水汲みも自分たちで行います。



里山の道を軽トラックで数分下り、住民の方から水をいただきました。ポンプを使って汲み出しますが、足りない分はバケツリレーで。






集落のスタッフの方に薪を焚いてもらい、水を張ります。20〜30分で、鉄窯の底が少しずつ温かくなってきました。






何回かやると要領を覚え、水汲みメンバーも増え、ちょっとしたゲームのようにワイワイと、テンポよく。でも、慣れた頃にはもう終わり。水汲み4回で、7〜8分目まで埋まるほど用意できました!疲れるかと思いきや、これが結構楽しかった。






ということで、準備もようやく完了。大自然の木漏れ日の中、「湯道」始まって以来、念願の混浴!おそろいの手ぬぐいは、前回の「湯会」同様、アーティスト・クサナギシンペイさんによるもの。屋根の上の猫と、木々にとまった鳥がモチーフの2種類です。



お酒を片手にゆったりほろり。奥にいらっしゃるのが、この八角鉄窯風呂を製作された岩間賢さん。長く浸かっていた私たちに、スタッフの方がお手製レモンシロップのジュースを差し入れてくださいました。



左から中村さん、近藤さん、渡辺さん。やっぱりこの3人の仲良しショットがないとですね。




お風呂の他にもお楽しみが。酵母の研究からしたという薪で焼いたパン、壷で焼いたジャガイモ、ジンジャーやレモンなどの天然シロップで作ったジュースなど。素材の味が生きていて最高でした。しかも、集落に来ていたお客さんに全て無料で振る舞っていたのです!





用意してくれたのは、東京芸大の岩間さんの生徒さんたち。ありがとうございました。






さらに、今回ご一緒させていただいたカナダ在住のアーティスト武谷大介さんの「遠足プロジェクト」のゲリラ展示も。東日本大震災で救援物資として送られたが、余って捨てられそうになったランドセルを30名あまりのアーティストが作品化したものです。





と、お風呂+αも十分に満喫して、我が一行は越後妻有を後にしました。

長くなりましたが、とにかく湯を作るまでみんなと協力をし合った時間は楽しく、貴重な経験でした。こんな機会をくださった岩間さん、ありがとうございました!集落でもてなしてくださったスタッフのお心遣いや、個人的なところでは、迷惑をかけてしまった自分に、探したり心配したり励ましてくれたメンバーにも感謝です。

美しい里山の自然に包まれ守られた安心するような気持ちや、たくさんの人の温かい気持ちを「湯道」が繋いでくれ、充実した時間を過ごせたツアーでした。




秋には別府の「混浴温泉世界」へのツアーや、都内でのワークショップや「湯会」も計画中だそうです。これからも「湯道」の情報をお見逃しなく!
続きを読む >>

凛緩茶湯 諏訪 深世界共同浴情

凛緩茶湯 諏訪 
今回は一品更屋さん企画のイベントに湯道チームが加わることになりました。長野は諏訪での開催です。詳しくは、一品更屋さんのサイトで!

第六回 湯会「淋汗茶湯 」お風呂と茶の湯のヒミツのカンケイ」8月20日


 

参加のお申し込みはこちら

http://www.civicart.jp/gokon/yudo/

□what's 淋汗茶湯?
淋汗茶湯(りんかんちゃのゆ)とは、闘茶を原点とする茶道の楽しみ方の一つ。一族や仲間が集まって風呂に入り汗を流し、茶を飲んで楽しみ、酒宴を行って騒ぐというまさに風呂とお茶とのコラボレーション。湯道では今回この淋汗茶湯を現代風にアレンジして開催します!



□当日の流れ
会場は、浅草「日の出湯」の1階・銭湯部分と、屋上ルーフデッキ。参加者は1階・銭湯でゆっくり汗を流し、屋上ルーフデッキへ移動。ルーフデッキでは茶の湯の準備がされており、点心としてそうめんを食べ、日本酒を呑み、最後にお菓子とお抹茶をいただきます。その後、食事をしながら、「一品更屋」の「淋汗茶湯」レクチャーがあり、宴会を行います。


 

日の出湯さんお風呂様子

□会場のこだわり
屋上ルーフデッキは、茶室の設えとして現代美術作品が飾られており、湯道×現代茶湯×現代美術を、総合芸術として一緒に楽しむことができます。現代美術家中村ケンゴさんの作品「スピーチバルーンミラー」をフューチャーした空間構成となっています。

イベントの詳細は、一品更屋Webサイト( http://sara-ya.com/ )で案内いたします。


□料理のこだわり

今回湯会の料理を担当するのは、男性2人組フードユニット『つむぎや』。



お茶の席で、点心としてつむぎやオリジナルのそうめんとフルーツを振る舞います。
また宴席では、旬の食材を使ったおかずたちに和の遊びゴコロを盛り込み、
最中の皮とともにいただく『最中deピンチョス』や、プチおにぎりをご用意。
そして枝豆界のプリンス『だだちゃ豆』をどどんとお出します。
今年は不作が伝えられますが、湯上りにほろ酔い気分になりたい
みなさんのために、たんまりお取り寄せ予定です。
その他何が出るかは、当日のお愉しみ。乞うご期待!http://www.tsumugiya.com


  一品更屋現代茶湯とは?

茶湯の持つ可能性を現代的に翻訳し、日本文化の新たな起爆剤にする。茶湯文化を現代の総合芸術としてリノベーションする、それが現代茶湯。
 現代茶湯は、2008年に活動を開始した一品更屋が、一貫したテーマとして掲げる、「侘数寄」を、具現化するためのプロジェクトとして実施されています。

 http://sara-ya.com


湯道具

今回の湯道具は、アーティスト、クサナギシンペイさんによる手ぬぐい。こちらの手ぬぐいをお風呂で使っていただくのが”粋”です。




イベント概要

・イベント名: 淋汗茶湯 」お風呂と茶の湯のヒミツのカンケイ

実施日時: 2011820日(土)18:0023:00 予定

・定員:30名
会場
「日の出湯」
 東京メトロ銀座線 稲荷町駅から徒歩1分
 http://hinodeyu.com/

会場住所:東京都台東区元浅草2丁目10-5

参加費
 リピーター:3500円
 (湯道てぬぐい持参の方*てぬぐいはつきません)
  初回:5000
・参加費に含まれるもの
湯道オリジナル手ぬぐい、呈茶、お菓子、入浴料(450円)、
日本酒、料理代込み 

主催湯道 × CivicArt × 一品更屋

参加のお申し込みはこちら

http://www.civicart.jp/gokon/yud



主催者プロフィール

一品更屋

一品更屋は、更屋蔦左衛門と尾木原暁子による、プロデュースユニットです。独自の視点による文化・芸術活動を通して、お金だけでは測れない、未来へ繋がる、本質的な社会価値の創造を行います。「波を起こす起点で有り続ける」ことを意識し、常に革新的な発想と行動を行い、独自のマーケティング手法を用いて、社会を動かすインパクトを作ります。首都圏を中心に、地方都市でも地域活性のための活動を行っており、海外でも日本文化を紹介する活動を行っています。

http://sara-ya.com/about.html

 

つむぎや

金子健一とマツーラユタカからなる2人組フードユニット。
「食を通して、人と人とを、満ち足りたココロをつむいでいく」をモットーに、
和食ベースのオリジナル料理を、書籍や雑誌、イベントなどを通して提案している。
著書に『食べるスープ』(グラフ社)『つむぎやのコンロ1口、絶品ごはん』(成美堂出版)など多数。春にリリースした『和食パスタ100』(主婦と生活社)が好評販売中。

http://www.tsumugiya.com/

 

 

【湯道】

中村ケンゴ

美術家
。絵画を中心に発表。国内外で展覧会多数。今回の湯会では、一品更屋のプロデュースにより、デリバリーワークスとのコラボレーション・プロダクト、フキダし鏡こと"SPEECH BALLOON MIRROR"を展示します。

http://www.nakamurakengo.com/

Twitter kengo_withoutme

 

近藤ヒデノリ

クリエイティブディレクター。「HAKUHODO ART PROJECT」主宰、WEBマガジン「TOKYO SOURCE」編集長、季刊誌「広告」編集委員、3.11 復興アクション「ACT FOR JAPAN」、「湯道」などメディアや形式を問わず世界を面白くしていこうと活動中。ラクダ似な旅好き。未だ喫煙者。


 http://d.hatena.ne.jp/camelkondo/

Twitter KondoHidenori  Facebookにもいます。

 

渡辺大介

civic art 代表


 

参加のお申し込みはこちら

http://www.civicart.jp/gokon/yudo/

 



第五回湯会 7/30(土)18時〜「温泉と文学」


湯会バナー


5回湯会の開催が決まりました!

場所は前回と同じく屋上のルーフデッキが気持いい、浅草の日の出湯。今回は「温泉と文学」をテーマにゲストに作家と温泉---お湯から生まれた27の文学』を編集した草なぎ洋平さんをお招きしてお風呂に入りつつ、風呂上がりにはビールと七輪や文豪の愛した酒の肴。湯を愛した文学者をめぐってゆるりと対話する夏の夜になるでしょう。お風呂好き、文学好きは申込みフォームから早めに予約を!(近藤)


  

5回湯会
日時:730(土)18 日の出湯集合 23時頃解散予定
    草なぎさんトークは20時頃から予定。
場所:日の出湯(浅草)http://hinodeyu.com/
銀座線 稲荷町駅 徒歩1分
料金:4500円(手ぬぐい、入浴料、東北の日本酒、料理込み)
クサナギシンペイさんによる湯道オリジナル手ぬぐいを制作中!

主催:湯道xACT4JPN × CIVIC ART

【湯道とは】
湯道(YUDO)とは、湯を通じた対話への道であり、方法であり、遊びであり、パ
フォーマンスであり、湯道具を含めた総合文化活動です。

【浅草 日の出湯】
浅草エリアに江戸時代から続く老舗の銭湯。
古代檜風呂や、男女日替わりの露天風呂銭湯としての魅力もたっぷり。
そして、何といっても10Fの屋上にあるルーフデッキからは浅草の夜景が一望
できる風流な空間となっています。




【今回の食材・酒】
今回も前回に引き続き、復興支援の気持ちを込めて東北食材の逸品をセレクト。
産地直送の食材を炭火で焼いて食べたり、東北の酒蔵の日本酒を堪能したりと。
更に今回は、テーマにちなんで「文豪が愛した一品」も。好ご期待

【今回の湯道具】
先日、東京オペラシティーでの展示も終えたばかりの画家、クサナギシンペイ(
草なぎ洋平さんの実兄)さんによる手ぬぐいを制作中。乞うご期待!

【草なぎ洋平】

1976年東京生まれ。株式会社イデー退社後、株式会社東京ピストルを設立。現在代表取締役として、プランナー、編集、デザインディレクション、イベント、プロモーション、執筆など幅広い業務をこなす。サブカル、日本文学の水先案内人として、自社ブランドで「文豪Tシャツ」シリーズのほか、『作家と温泉ーお湯から生まれた27の文学』を刊行。

【その他注意点】
・お風呂に入る方は、着替え、シャンプー類、タオル類はお持ちください。
・お風呂はいつでも入浴可能です。
・定員になり次第締め切りますので、お早めにお申込みください。


HOT JAPAN!

日本のカルチャーはクールなだけじゃない、
と題して代官山行った、TOKYO SOURCEの忘年会であり、年末フェス。
当日は200名近くの方に来ていただき、大いに盛り上がりました。
写真は(史上初?)足湯に入りながらのオープニングトークw。
→当日の模様はこちらへ

HOT JAPAN

ここに記事が入ります。 

「着衣混浴」@『アート天国』


2/25から28日まで都内で営業中の銭湯、松の湯の2階を使って開催されるアートフェア + トークショー + 銭湯が一緒になった「アート天国」の中で、湯道のトークショーと第二回湯会を開催しました。


今回のテーマは「着衣混浴」

文字通り、服を着たままみんなで湯舟に入る、概念場の混浴!<近藤>



「着衣混浴」の心得も。



空っぽの湯舟で全員集合!


インターナショナルな混浴。


会場に集まってくれた方々に「湯道」の説明中。

温泉天国

左から近藤ヒデノリ、有門大祐、中村ケンゴ


「着衣混浴」


日時  二月二七日(土曜)17時開始 19時まで


場   神楽坂・松の湯2階「アート天国」
    地図はこちら


湯人  中村ケンゴ(美術家)

    近藤ヒデノリ(TOKYO SOURCE 編集長)


    *来場者も受付で手ぬぐいを借りて参加できます。


湯道具 手ぬぐい「Speech balloon on the Yu」中村ケンゴ

    掛け軸 有門大祐





「湯道」発足記念トークショー

TOKYO SOURCEのアートリップで訪れた別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」に感化され、アーティストの中村ケンゴ、新野圭二郎、TSの近藤ヒデノリと米田智彦ら4人が始めた、茶道ならぬ「湯道(YUDO)」という新しいプロジェクト。


別府から半年あまり構想をあたためてきた湯道メンバーが、ゲストに「 乙女湯のたしなみ 」の女性陣を迎え、2009年11月22日、キックオフイベントを開催しました!<近藤>



湯道立ち上げ 

TOKYO SOURCE presents :

湯道(YUDO)発足記念トークショー&第1回湯会 @東京大江戸温泉



♨日時:11/22(日)Open 12:00 Start 13:00 End 15:30 (予定)

その後、東京大江戸温泉に移動して「第1回湯会」!


♨チケット:前売り券1500円 当日券2000円(飲食代別途)


♨場所:TOKYO CULTURE CULTURE(お台場)/東京大江戸温泉 


♨出演者:「湯道」発起人/湯人


・中村ケンゴ(美術家)

・近藤ヒデノリ(TOKYO SOURCE編集長)

・米田智彦(TOKYO SOURCE副編集長)

・新野圭二郎(アーティスト)  

 +ゲスト「乙女湯のたしなみ」


♨湯道具:

TOKYO SOURCE X 中村ケンゴ 手ぬぐい

「Speech Balloon on the Yu」



1

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第六回 湯会「淋汗茶湯 」レポート
    細美和彦
  • 第六回 湯会「淋汗茶湯 」お風呂と茶の湯のヒミツのカンケイ」8月20日
    AtoZ

profile

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM