スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.09.01 Sunday
  • -
  • -
  • -

第六回 湯会「淋汗茶湯 」お風呂と茶の湯のヒミツのカンケイ」8月20日


 

参加のお申し込みはこちら

http://www.civicart.jp/gokon/yudo/

□what's 淋汗茶湯?
淋汗茶湯(りんかんちゃのゆ)とは、闘茶を原点とする茶道の楽しみ方の一つ。一族や仲間が集まって風呂に入り汗を流し、茶を飲んで楽しみ、酒宴を行って騒ぐというまさに風呂とお茶とのコラボレーション。湯道では今回この淋汗茶湯を現代風にアレンジして開催します!



□当日の流れ
会場は、浅草「日の出湯」の1階・銭湯部分と、屋上ルーフデッキ。参加者は1階・銭湯でゆっくり汗を流し、屋上ルーフデッキへ移動。ルーフデッキでは茶の湯の準備がされており、点心としてそうめんを食べ、日本酒を呑み、最後にお菓子とお抹茶をいただきます。その後、食事をしながら、「一品更屋」の「淋汗茶湯」レクチャーがあり、宴会を行います。


 

日の出湯さんお風呂様子

□会場のこだわり
屋上ルーフデッキは、茶室の設えとして現代美術作品が飾られており、湯道×現代茶湯×現代美術を、総合芸術として一緒に楽しむことができます。現代美術家中村ケンゴさんの作品「スピーチバルーンミラー」をフューチャーした空間構成となっています。

イベントの詳細は、一品更屋Webサイト( http://sara-ya.com/ )で案内いたします。


□料理のこだわり

今回湯会の料理を担当するのは、男性2人組フードユニット『つむぎや』。



お茶の席で、点心としてつむぎやオリジナルのそうめんとフルーツを振る舞います。
また宴席では、旬の食材を使ったおかずたちに和の遊びゴコロを盛り込み、
最中の皮とともにいただく『最中deピンチョス』や、プチおにぎりをご用意。
そして枝豆界のプリンス『だだちゃ豆』をどどんとお出します。
今年は不作が伝えられますが、湯上りにほろ酔い気分になりたい
みなさんのために、たんまりお取り寄せ予定です。
その他何が出るかは、当日のお愉しみ。乞うご期待!http://www.tsumugiya.com


  一品更屋現代茶湯とは?

茶湯の持つ可能性を現代的に翻訳し、日本文化の新たな起爆剤にする。茶湯文化を現代の総合芸術としてリノベーションする、それが現代茶湯。
 現代茶湯は、2008年に活動を開始した一品更屋が、一貫したテーマとして掲げる、「侘数寄」を、具現化するためのプロジェクトとして実施されています。

 http://sara-ya.com


湯道具

今回の湯道具は、アーティスト、クサナギシンペイさんによる手ぬぐい。こちらの手ぬぐいをお風呂で使っていただくのが”粋”です。




イベント概要

・イベント名: 淋汗茶湯 」お風呂と茶の湯のヒミツのカンケイ

実施日時: 2011820日(土)18:0023:00 予定

・定員:30名
会場
「日の出湯」
 東京メトロ銀座線 稲荷町駅から徒歩1分
 http://hinodeyu.com/

会場住所:東京都台東区元浅草2丁目10-5

参加費
 リピーター:3500円
 (湯道てぬぐい持参の方*てぬぐいはつきません)
  初回:5000
・参加費に含まれるもの
湯道オリジナル手ぬぐい、呈茶、お菓子、入浴料(450円)、
日本酒、料理代込み 

主催湯道 × CivicArt × 一品更屋

参加のお申し込みはこちら

http://www.civicart.jp/gokon/yud



主催者プロフィール

一品更屋

一品更屋は、更屋蔦左衛門と尾木原暁子による、プロデュースユニットです。独自の視点による文化・芸術活動を通して、お金だけでは測れない、未来へ繋がる、本質的な社会価値の創造を行います。「波を起こす起点で有り続ける」ことを意識し、常に革新的な発想と行動を行い、独自のマーケティング手法を用いて、社会を動かすインパクトを作ります。首都圏を中心に、地方都市でも地域活性のための活動を行っており、海外でも日本文化を紹介する活動を行っています。

http://sara-ya.com/about.html

 

つむぎや

金子健一とマツーラユタカからなる2人組フードユニット。
「食を通して、人と人とを、満ち足りたココロをつむいでいく」をモットーに、
和食ベースのオリジナル料理を、書籍や雑誌、イベントなどを通して提案している。
著書に『食べるスープ』(グラフ社)『つむぎやのコンロ1口、絶品ごはん』(成美堂出版)など多数。春にリリースした『和食パスタ100』(主婦と生活社)が好評販売中。

http://www.tsumugiya.com/

 

 

【湯道】

中村ケンゴ

美術家
。絵画を中心に発表。国内外で展覧会多数。今回の湯会では、一品更屋のプロデュースにより、デリバリーワークスとのコラボレーション・プロダクト、フキダし鏡こと"SPEECH BALLOON MIRROR"を展示します。

http://www.nakamurakengo.com/

Twitter kengo_withoutme

 

近藤ヒデノリ

クリエイティブディレクター。「HAKUHODO ART PROJECT」主宰、WEBマガジン「TOKYO SOURCE」編集長、季刊誌「広告」編集委員、3.11 復興アクション「ACT FOR JAPAN」、「湯道」などメディアや形式を問わず世界を面白くしていこうと活動中。ラクダ似な旅好き。未だ喫煙者。


 http://d.hatena.ne.jp/camelkondo/

Twitter KondoHidenori  Facebookにもいます。

 

渡辺大介

civic art 代表


 

参加のお申し込みはこちら

http://www.civicart.jp/gokon/yudo/

 



スポンサーサイト

  • 2013.09.01 Sunday
  • -
  • -
  • -

コメント

紳助引退の真相はこちら
http://kjjrvka.ato.zetto.info/kjjrvka/
  • AtoZ
  • 2011/08/27 2:34 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第六回 湯会「淋汗茶湯 」レポート
    細美和彦
  • 第六回 湯会「淋汗茶湯 」お風呂と茶の湯のヒミツのカンケイ」8月20日
    AtoZ

profile

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM